趣味と旅を一緒にナビゲートしますというそのままの意味です。

ただwith には同じ場所に同調して大きく起こることも

意味します。よって逆に言うと同じ空間に敵対も入ってくる場合もあります。ただ敵って何でしょうか?

陰と陽で考えると男と女、月と太陽、どちらも必要なものです。

だからこそ趣味もまじめに取り組まないと、片一方だけになります。

今縦割りの社会が蔓延して、本来なら一つの事の専門家になるという素晴らしい一面もあるのに、逆にそういう人は抑え込まれる傾向があります。

同じ空間で趣味を共有しながら、それぞれの全く違う分野も受け入れながら時にはぶつかりながら、でもそれでもいいもの受け入れる。そういうことができるのも、まじめな趣味じゃないでしょうか?またまったく何も知らないド素人や子供などに教えるのも入っています。

そういう方が集まって一つの旅を作っていく、そういう感覚を少しでも楽しめればと思い、with hobby trip navi 

​にしました。是非このwith と陰陽の世界をお茶で楽しんいってください。多分今後の世界で最も必要なものになると確信してます。そして

どなたでもお気軽に参加できるお茶を中心としたゆる―い旅茶会そしてお茶が出す空気で喜びを作ります。

ペットボトルくらいしかお茶を飲まない方大歓迎です

①感覚と経験を中心によろこびを感じたい方

       ➡ゆる旅会がおすすめ

②理論と気軽に皆で理解しながら空気を感じたい

       ➡ゆる茶会がおすすめ 

ゆる旅準メイン➡おせちのメイン伊達巻からゆる~く和をつなぐ

​        おせち買い出し&

​オンラインお茶会開催 一人でゆる茶会(one only お茶会)

It just means no arenge.

However, with means big atomospher in same teritory

Therefore, enemy may be also enter the same space.

But what is the enemy?

In terms of - and + has same idea  for example both men and women and the moon and sun and,

these are necessary. That's why if you don't take your hobbies seriously, you'll only have one. Nowadays, vertically divided societies are widespread, and while there is a wonderful aspect of becoming an expert in one thing, such people tend to be suppressed.

 

While sharing hobbies in the same space, accepting completely different fields and sometimes colliding, but still accepting good things. Isn't it a serious hobby to be able to do that? It also includes teaching to amateurs and children who do not know anything at all. With hobby trip navi, I hope that such people will come together to make a trip and enjoy that kind of feeling as much as possible. I made it. Please enjoy this with and the world of yin and yang with tea. I'm sure it will be the most needed thing in the world in the future. And We will create joy with the tea ceremony and the air that tea produces, centered on tea that anyone can easily participate in. Those who drink only about PET bottles are welcome ① Those who want to feel the joy of feeling and experience ➡ Yuru Journey is recommended ② I want to feel the air while easily understanding the theory ➡ Yuru tea party is recommended Yuru Journey Semi-main ➡ Osechi's main Datemaki connects loosely with Japanese Osechi shopping

お茶の成分から東洋医学予防医学の特に効能や結果ではなくではなくプロセスをメインでお話していきます

化学式や陰陽五行を使ってお茶から出てくるプロセスをお伝えしまう。陰陽五行??化学式難しいそう・・・

大歓迎です!!難しいものも喜びと生活の糧に。

是非喜びを感じながら、情報にとらわれない健康や楽しむ力をつけて、喜び空気を作ってしまいましょう

そのうえで自分で考えて答えを出していくスタイルになります。

そうしたことでお茶の出す空気喜びを感じながら、

いつのまにか難しいことも学んでしまった。

​そんな感じのゆる~い茶話会です

主催者がごだわったお店と共同で、こだわりのお茶について楽しく学びお茶会また季節によりハーブや漢方、食材、添加物などについても、随時開催。(基本内容は同じです。)

 

                     

【あなたの心の自由、一人一人の知識や感覚を生かして、皆で横につながる事を目指します】

お茶を飲みながら皆で楽しくそして

いつのまにか、あなたの知識も経験も

また一緒に進みたい仲間もできてしまった

そんな深くゆる~いゆる茶ゆる旅会です

ちょっと昔話

                         ☟

小学校からミルクテイーが好きで、また昔から父親が台湾と貿易したこともあり、ウーロン茶が結構たくさんあって

飲んでいました。そして小さいころフランス料理のTVを見て、そして家の近くにフランス料理屋ができて食べたんです。それがおいしかったそして更に下北沢に少し高級なフランス料理屋に行って、ものすごくきれいさと優雅さに感動して、大学いったら絶対にパり行こうと、大学に入ったらパリに行って、高級なレストランで食べたのですが、正直下北沢のフランス料理屋の方がいいと思って、更に北欧いって、食べ物はそっちの方がいいなと、自然な感じでと思たんです。今もフレンチ大好きです。でも自然お感じのものが昔より好きなんです。大学が九州だったというのもあったのでしょう。東京に帰って九州が食べ物が豊かか、更に隣のロンドンに二回目行ったとき紅茶に出会って、これはおいしいと思って、それから数年後に紅茶教室門をたたいていました。今は九州で出会った食とロンドンやヨーロッパで出会った食の感覚で、より安くおいしい店を駆け回ってます。

それともともと旅行関連で旅行に皆で行きたいという願望があり、大学に入ったらとみんなで旅行に行きたいというのが強かったんです。正直大学院以外全部学校という名前のところは行きましたが、ずっといじめられて、あるいは皆で協力して試験に受かろうって時にはみ出しをずっと受けていたので、いつもレールに乗れなかった気がします。

今考えると相当出る杭だったのでしょう。僕が一番嫌いな言葉は「2頭追うもの一頭も得ずです」。もっと嫌いなのは「圧迫」です。逆に好きなのは困った人がいたら最速でいくでさらに好きなのは一人一人の立場を考えながら自由に生きること

そんな中でお茶のもう一つの側面に出会ったんです。ようはお茶から仲間ができるという事です。もう一つ皆で旅行に行って、でもみんなに一人一人考え使命があって、全然違う分野で横につなぐ、そんなごちゃまぜグループができたらいいなと思っています。一人旅の喜びを伝えていく、更に必要な知識も身につく、もともと横につなぐ派人同士と分野同士もつなぐっというのもあります。薬学は医学と違って横に広いんです。更に東洋医学ププラスして、医者っぽいことする予定だったが、旅行とつながんなかった。理由は両業界があまりに関与しなかったから。けど自分なりに両方やっていたのですが。お茶でつなぐことができたんです。今自然科学不変の神様が作った部分の知識を伝えながら、それぞれの個性や考えを横につなぎながら旅行をしながら楽しんでいく。そしていざって時に皆でまとまる。

そんなお茶から喜びを得る横のつながりを作っていきたいと思って始めました。それが日本のため世界を笑顔にすると信じています

1,目的を持ったバックパッカーが現地で知り合った旅人と共に楽しみながら仲良くなっていく

そんな感じの旅を身近に取り入れたら。皆ゆる~くそして信頼して居心地よくいられると思う

 a purposeful backpacker gets along with travelers who have met locally and enjoys getting along
If you take such a trip closer. so everyone can relax and trust and be comfortable
 

2,心体の毒を吐き出し、自分の好きなオリジナルの旅を作っていきます.また地方を歩きながら,今後の自分のことを考えて、ワクワク感を感じてほしい。それを皆でたまに一緒に感じながら、考えて、ゆる~く横につながっていくそして結果として、日本を世界をどうするかを考える場にしたいです。

my mission is navigation in japan.food and health, excretion of usual poison through the journeyKnowing the pleasure that moves by oneself by trip.

場所は比較的スピリチャルが強い場所、神社、お寺が多い場所、新鮮な食べ物があり、地域性がある場所、アニメの聖地を中心に回っていきます。スピリチャルな考えを見てほしいわけでも、アニメオタクに、なってほしいわけでもないが、違う視点が入ります。そして人生や考えや自分がしたいことをまとめていければ。そのためのつながりです。あなたがいないと何も始まらない。そんなつながりをゆる~くつなぐの願いを込めて旅をしてます。

The location is relatively spiritual, there are many shrines and temples, there are fresh foods, localities, and anime sacred places. I don't want you to look at spiritual ideas or be an anime geek, but you have a different perspective. And if you want to summarize your life, your thoughts and what you want to do. It is a connection for that. Nothing starts without you. I am traveling with the wish of loosening such a connection.

テーマや時期に沿った旅イベントもご用意しております。そして最後に旅、自分の考えやこだわりを諦めないでほしいです。旅にはあきらめない力を与える力があります。

そんな願いを込めながら開始しました。

We also have a trip event along the theme and season time.dont give up trip,your idea and your life.trip is strong power

about it.I started with such a wish.

.

                        考えてワクワクする楽しみながらゆる~く

              3つのお茶会サイクルで知識と健康と横のつながりを作ります

           Creating connection knowledge, health with four tea party cycle

IMG_20190814_183444_930 (1) (1)
DSC_0163
20190625152405
Add a Title1,目的を持ったバックパッカーが現地で知り合った旅人と共に楽しみながら仲良くなっていく  そんな感じの旅を身近に取り入れたら。皆ゆる~くそして信頼して居心地よくいられると思う
Add a Title
Add a Title

緑茶、紅茶、和紅茶を中心に色々なお茶飲み比べをし、お茶を楽しんでいただければと思います。お茶会の原点である交流を深める

更に

カテキン?ポリフェノール?

陰陽五行?添加物?お答えします

お茶の成分から東洋医学、予防医学、

生化学経由、食と健康を見る!

   お茶を使った旅イベント、

    他の分野とのコラボ,

お茶の成分から 東洋医学、予防医学経由で見る、健康と食の旅

    その他お茶に絡めて、

  アニメ聖地や神社ツアーなど

   横のつながりを楽しむ旅

  • Instagram
  • White Facebook Icon

ライン@QRコードで登録​

            それぞれ考えた。

 旅をアテンデントします詳しくは

 tel  :09035253290

 Email:oniyajpyumi@yahoo.co,jp

   松宮 弘太郎